ロケやスタジオ撮影に部屋を貸してお小遣いが稼げる

自分の部屋を貸すだけでお小遣いが稼げる副業ビジネスがあるってご存知ですか? しかも「特別にきれいな部屋」じゃない場合でもOKで、貸している時間も短時間のわりに貰える金額もそこそこ良いということで、新しいビジネスとして注目されています。

部屋を貸すってどういうこと?

ドラマや映画、雑誌、CM、再現VTRなどなど、普段から目にする機会も多いと思いますが、本当にいろいろなお部屋で撮影されていますよね。こういった部屋ってどこで撮影されていると思いますか?

実はこちら、一般家庭であることも多いんです。それが「部屋を貸す」というビジネスです。

こちらのビジネス、最近ではwebが媒体のドラマも増えてきて、ますます部屋の需要が高まっているみたいです。

「撮影とはいっても、私の家は散らかってるし絵にならないから無理」と思うかもしれませんが、実はそういうこともないのです。こういった場合、生活感がある家ということで需要も高く、借りる側からすると、一から部屋を作り上げないで済むぶん、撮影が助かるのだそうです。

「部屋を貸す」というと、思い浮かべるのはアパートの経営だったり、民泊であったりすると思いますが、今はこんなふうに手軽に自分の部屋を貸し、お小遣い稼ぎをすることができるのです。

しかも貰える金額はだいたい1時間の貸し出しで5千円ほどになるので、何もせずに稼ぐと考えると、なかなかに割りの良い話ですよね。

ロケやスタジオ撮影用に部屋を貸す方法は?

「撮影用に部屋を貸してみたい」と思っても、最初はどうするべきかわかりませんよね。今は撮影用に部屋を貸したい方と、撮影用に部屋を借りたい方のためのマッチングのサイトがあります。

それが「ロケーションフィット(ロケフィット)」や「スタジオバリュー」になります。

ロケーションフィット(ロケフィット)は、こういったジャンルの中では最大規模を誇るもので、たくさんの方がお部屋を登録しています。撮影用として募集をつのっているのが、娯楽施設、ホテル、飲食店、学校、病院、オフィス、会議室、工場、倉庫、マンション、エステ、景観、物販店、店舗、施設のバックヤード、などなど、あらゆる環境になっています。

この副業をはじめる方の中には、都心に近い場所に部屋を借り「女性が住んでいる」と仮定したインテリアを揃え、住むことはなく、完全に撮影用として貸し出している方もいるのだとか。それでも家賃以上の稼ぎになるらしいので、確かに副業として凄いですよね。

部屋を貸してお小遣いを稼ぐ仕組み

まずは何からスタートすればいいのか紹介します!

1 まずはサイトから「物件がどんなところか」を登録して、同様に住所も登録します。

2 サイトの運営者が実際に部屋を訪ねてきますので、貸し出す部屋を紹介してください。

3 サイトの運営者がOKを出した場合、その後サイトに物件が紹介されます。(紹介されている時点では住所は地域のみの公開になっているので、防犯の面では安心しても良さそうです)

4 製作会社から依頼がきた場合、サイトの運営を通して連絡があります。(直接製作会社から直接連絡はきません)

5 日程の都合や条件を照らし合わせ、利用OKを出した場合、製作会社の人間がロケハンと呼ばれる下見に訪れます。ここで部屋を見せてあげてください。

6 撮影日。一般的に5〜6時間の利用が多いそうです。

7 報酬の支払い。サイトの運営を通して報酬が支払われます。通常1時間5000円なので、5時間の貸し出しをした場合は25,000円の報酬を得ることができます。

部屋を貸す時の注意!

どんな部屋でも貸し出しはできますし、賃貸であっても可能です。もちろん賃貸の場合は大家さんの承諾が必要となるので、気になる方は調べてみてください。

部屋を貸すだけの副業なので、とても方法的には簡単ですよね。しかし「知らない人が部屋に入る」のがそもそも無理な方には向いていない仕事でもあります。女性の一人暮らしで、誰にも住所を知られたくないと考える方にも不向きかも。

しかし、たとえばドラマや再現VTRで自分の部屋が使われた時、それをテレビを通して目にするとかなりテンションもあがってしまいますよね。メリットとデメリットがはっきりしている仕事ですが、初期費用等はかからない仕事になるので気になる方はぜひ調べてみてください。

未分類

Posted by m