スマホでも可能!写真や画像の販売で稼ぐ

最近ではスマホでも機能が盛り沢山とついており、プロ顔負けの写真が撮れるようになってきましたよね。すっかり写真が好きになって、毎日インスタに投稿している方もいると思います。

そんな写真や画像ですが、こちらが副業としてお金になる場合があります。趣味の一環してチャレンジすることができるので、主婦やOLさん向けの副業と言ってもいいと思います。

そこで今回は、写真や画像の販売方法について紹介したいと思います。

写真や画像の販売とは?

ウェブサービスはどんどん進化して、今では企業や個人のブログなどでも様々な写真が使われていますよね。無断で誰かの撮った写真をネット上にアップするのは無断転載として禁止されているので、こういった場合、テーマや目的にあった写真や画像を買い取り使用しています。

このように営利目的で使用するため、写真や画像が販売されているサイトがあるのはご存知ですか? こういった写真販売サイトでは専属のカメラマンはもちろん、個人が撮影して投稿した写真を審査し、販売されているのです。

今回はこういった写真、画像販売サイトに自分が撮った写真を売ることを副業とする場合になります。

どうやって稼ぐのか・稼ぐ方法

まずはPIXTAやShutterstockといった写真販売サイトを探すことからはじめます。個人で写真を販売できるサイトはいろいろとありますので、自分のカラーに合ったサイトを選んでくださいね。

個人情報などの入力や、販売可能(登録可能)な写真の条件を理解し、同意することができればもうここから副業をスタートすることができます。

原則的に自分が撮った写真をアップすることになっています。その際、著作権や肖像権など、厳しくチェックされます。とくに人物が写っている写真はより厳しく審査されます。誰かの顔が写っている写真を世界に売り出すのですから、審査が厳しいのは当たり前ですよね。中には肖像権使用許諾書の提出が義務となっているサイトもあります。

その他、サイズやピクセルが決められているので、こういった部分をしっかり理解してからスタートしましょう。

写真や画像販売はどのくらい稼げるのか

自分の撮った写真がサイトで購入された場合、販売された価格から手数料を引いた価格が自分の取り分(報酬)となります。こちらは写真の大きさや購入者がどのような契約で写真を購入したのかで料金が変動します。

一例になりますが、写真販売大手サイトの場合、サイズ別に金額が変わります。Sサイズが540円、Mサイズが1600円、Lサイズが3200円で販売されています。意外と良い値段で売られてしますよね?

そこで写真が売れると、売れた金額の22%が報酬となります。つまり540円の写真が売れた場合、22%が報酬なので貰える金額が118円となります。Lサイズであれば704円の報酬になります。

こちらは最初の報酬率は一律で22%となっていますが、売れる写真を出していくにつれ報酬はあがり、最終的には40%まで報酬を引き上げることができます。そうすると、仮に1ヶ月にSサイズの写真が3枚、Mサイズが2枚、Lサイズ2枚売れた場合、全部で4488円が報酬ということになります。

ニーズにあった人気の写真を販売することができれば、月に数十万の収入も夢ではない、ということになります。インスタ等で写真を撮り慣れている方であれば、苦もなく続けられるのが良い点ですよね。

初心者でも写真や画像で儲かるのか?

人気の写真を販売することができれば、大きなお金が期待できる副業ですが、もちろん努力が必要とされる仕事でもありますよね。

たとえば大手写真販売サイトのPIXTAでは、写真を投稿するクリエイターの方が25万人もいます。その中にはプロもいれば、セミプロとして写真を撮り続けている、とにかく腕の良い方がひしめいています。

そこで勝ち上がっていくのには、写真の腕やセンスはもちろん、どんな写真が必要とされているのかニーズを正確に把握することが大切になります。

たとえばマイナーな観光地など、あまり人が訪れない場所の写真がきれいに撮ってくることができれば、きっと必要として購入する方もいるでしょう。反対に富士山の写真やキレイな紅葉や桜の写真など、ありふれたモチーフはすでに誰かが撮り尽くしています。

こういったニーズを正確に把握して、自分の腕を発揮することができるのなら、たくさん稼ぐのも夢ではないかもしれませんよね。

未分類

Posted by m